総合内科

坂本長逸先生は日本内科学会認定総合内科専門医であり、当院では内科・総合内科の診療を担当致します。

日本内科学会は「総合内科専門医の医師像」として、「高レベルな横断的能力を有した、一般・総合内科の専門医・指導医であり、国民医療の大きな課題となっている内科的慢性疾患に対して、地域において、常に患者と接し、生活指導まで視野に入れた良質な健康管理・予防医学と日常診療を任務とする高レベルの一般・総合内科専門医(かかりつけ医)」である、と位置付けています。

つまり、ういずクリニック内科・総合内科では
 高血圧、
 糖尿病、
 高コレステロール血症、
 メタボリック症候群などの生活習慣病、
 喘息、
 慢性閉塞性肺疾患(COPD)など呼吸器内科系、
 脳梗塞後遺症、
 関節リュウマチなどアレルギー免疫系、
 狭心症、
 循環器系疾患

などあらゆる疑問に対して、最新のガイドラインに沿ってお答えし、専門的知識と最先端のエビデンスに基づいた診療が可能です。

また、坂本先生は、日本消化器病学会専門医、日本消化管学会胃腸科専門医でもありますので、総合内科であらゆる消化器系疾患の疑問にお答えし、消化器系疾患の診療を行います。

 消化器のがん(食道がん、胃がん、大腸がん)
 逆流性食道炎
 ヘリコバクター慢性胃炎
 アルコール性肝炎
 脂肪性肝炎・脂肪肝
 肝がん
 胆石症
 膵がん など炎症や悪性疾患に加えて、

 お腹が張る
 胸焼け
 下痢
 はきけ
 食欲低下
 体重減少
 腹痛などの症状にもお答えいたします。

お腹の調子が悪いなど…些細な不安にも親切・丁寧に診察致しますので、お気軽にご受診下さい。

坂本長逸先生略歴

        

【学歴・職歴】

 昭和49 年 3 月   神戸大学医学部 卒業
 昭和55 年 3 月   神戸大学大学院医学研究科博士課程 修了
 昭和55 年 4 月   神戸大学医学部附属病院医員(内科学第二講座)(昭和56 年4 月まで)
 昭和56 年 5 月   兵庫県警察本部警務部厚生課医長(昭和62 年4 月まで)
 昭和62 年 4 月   神戸大学医学部附属病院 助手(内科学第二講座)
 平成 7 年 5 月   神戸大学医学部 講師 (内科学第二講座)
 平成 9 年 5 月   神戸大学医学部 助教授 (内科学第二講座)
 平成 9 年10 月   日本医科大学第三内科 診療教授 
 平成14 年10 月   日本医科大学第三内科 教授 
 平成18 年 4 月   日本医科大学内科学消化器内科 教授 
 平成24 年 4 月   日本医科大学 消化器内科学 教授(分野長) 
 平成27 年 4 月   医療法人社団行徳会理事長、日本医科大学名誉教授、現在に至る 

   

【学会活動】

 日本消化管学会(2011-2015理事長)、日本消化器関連学会機構(JDDW)(2012-2017理事)、
 日本消化器内視鏡学会(2012-2017理事)、日本消化器病学会(2008-2012理事)、
 日本高齢消化器病学会理事、日本カプセル内視鏡学会理事、
 日本臨床生理学会理事、日本消化吸収学会理事